はじめにと基本用語

●はじめに
2017/10/22からあまりにも遅れてデビュー。
自称「Lov4最下層レポーター」wです。
2018/03/24ツイッターで引退宣言しましたので、
フォロワーの方にも隠れるようにたまにプレイしてますw


●現在のランク
2018/05/12 シルバーD→シルバーC
2018/04/02 シルバーE→シルバーD
2018/03/21 ブロンズA→シルバーE
2018/03/?? シルバーE→ブロンズA
2018/02/17 シルバーD→シルバーE
2018/02/06 シルバーE→シルバーD
2017/12/?? シルバーD→シルバーE(シルバー最下層転落)
2017/12/08 シルバーE→シルバーD
2017/12/04 ブロンズA→シルバーE
2017/11/23 ブロンズB→Aランク(Aに昇格して2連続8位とか)


(用語辞典削除。需要無いし整理したいので)













想像以上に50コスト使い魔が溢れる昨今。

こういう時こそ、基本に忠実であるべきだと思います。

相手が50建てたら、遅れる事なく同程度の使い魔を建てるようにしましょう。


相手が50使い魔建てたのに、こっちが30しか建てられなかったら、別にリターンズからの新しい使い魔とか関係なく負けますからw


相手より優位に主力を建てていくという勝ちパターンだけは不変だと思うのです。


確かに強いと言われる使い魔が出てきてます。

東郷美森とか。

じきに下方修正かかるでしょう。

しかし、東郷美森が強いとは言え、同じコストのアタッカーより強くはないのです。(そりゃいつまでも遠くから攻撃されてればやられますが)


今の環境は中型マジシャンが多いです。

なので、それらの脅威となる中型アタッカーがいいですね。

そして◯◽︎よりも◯△のほうがいいという声も聞きます。

てことはマジシャンが落ち着くまで風雷神は休んだ方がいいのでしょうか?


オオモノ、イワナガヒメとか良さそうですが。

すいません。今日は独り言でした。


相方と息が合うとこうなります♡

こんばんはー!
今日は先週末にやったマッチングについて紹介しようと。


正直、タイトル通り相方さんと息が合いました。
というより、ぶっちゃけみんなに助けてもらったゲームでしたね。


もうゲーム終了後、同じチームだったみんなと飲みに行きたい!w私のおごりでwww
それくらいに息の合ったゲームでした。


さて、マッチングです。

デッキの有利・不利もさほどなくランクも含めイーブンだったのではないかと思います。
私はここでチェックしたのは青仁王を最初に建てて問題ない事と、相手主が両方アタッカーなことくらいでした。


開幕後、お互いの主荒らしを互角に処理し合い、次に相手はシスル(コスト20アタッカー)で攻めてきますが、こちらも仁王(青)で迎撃します。


シスルを自分のタワーに近付けさせないように仁王を動かしていると…

ミミララ・レイアが攻めてきました。
相方さんは東郷美森で迎撃してくれますが、私も援軍に行きました。
しかし、所詮ディフェンダー同士のコスト30と50のぶつかり合い。ジリ貧でこちらが削られます。仁王のHPが半分になったところで戻ります。
当然逃げる仁王を見逃すわけはなく追いかけてくるので、タワー内で雷神を召喚して追い返しました。

その後、何回か攻めと迎撃を繰り返します。
その間、いつもキープできたのが、このポジションです。↓

相方さんのマジシャン(東郷美森)と、それを攻める相手アタッカーの間には私のディフェンダーが常にフォローに入ってます。
これは常に相方さんのマジシャン(東郷美森)が相手をけん制してラインを上げてくれていたので、そのフォローをしてただけで、当然のことです。


そして、ほどなく隣の味方が真ん中のタワーを制圧してくれます。

そのまま、こちらの相手タワーを攻めてくれました。
そして攻防が収まり、一瞬の静けさが流れます。
動いたのは相方さんでした。

ヘルプのチャットに対して私が動かせるのは血晶武装した雷神だけでしたが、レイドも残ってたのでOKと返します。
そして相方さんと私はレフトストーンを割りに行きました。
そして、勝負の分かれ道が来ました(私がそう思っただけですけどw)
それがこのシーンです。

レフトストーンを攻めてる私と相方さんに相手の集団が攻めてきました。
ミニマップを見てください。
自ストーンは3つ健在で攻められてません。反面、相手ストーンは3つ健在ですが、ゲージは半分削ってます。そう、レフトストーンしか攻めていない事からわかるとおり、もうすぐ割れます。
そしてあと111カウント。ここで逃げるべきか迎撃すべきか?と選択を迫られました。
(このゲージ差を守り切って勝つのか?守らずに差をもっと広げるか?です)
もちろん

雷神レイドです。
この時、ミニマップ上にわだつみがいなかったこと、あと西野ジャパンのアレです。時間稼ぎ(嘘)
そしてなんと!
一旦引くと言った相方さんが

レイドして付き合ってくれたのです!(*´з`)あーこれが相方と息が合うってことだわーって思いました。
しかし、攻めたけどなんかいつの間にかわだつみがいてレイドされて主力(風雷神)落としました。
が、残り時間もタワーゲージ差もさらに広がりましたよ!

と、このまま押し切って勝ちました!

何度も見返しても、私が相方さんに合わせたというより、相方さんが私に合わせてくれつつ引っ張っていってくれたと思いますし、隣の味方さんがセンターのタワー落としてくれたのも勝因でした。
デッキ的に全くの互角でありながら、勝負の分かれ道って本当に些細な事なんですよね。
それがこのゲームの面白いとこんんだろうと思います。


マッチングで一緒になった皆さん、ほんとにありがとー(*´з`)~♡

相方と息が合わないとこうなりますw

リターンズが稼働して、『結城友奈は勇者である』とかいうのとコラボして、ビックリするくらい50使い魔が溢れ返ってます。
色々と情報収集すると、火力が高いようですね。
私も所詮シルバーレベルです。
〇→△→▢→〇というジョブ相性をしっかり守ろうと思います。


さて、何度も言ってることですが、なるべく相方さんと息を合わせたいと常々思っています。
しかし、相方さんと全く息が合わない場合もあるんです。
今日はそんな時のゲームを紹介しようと思います。


さて、マッチングです。

相方さん、ペルセポネからの30-50-60です。
初手が私と被っていますが、ペルセポネは荒らしにとても適した使い魔だと思います。
血晶武装時の滅拳がまさに荒らしのためのスキルと言えます。
あとは2番手は対面同士で有利ジョブでいけますよね。
マッチングで少し安堵しましたが、この後ひどい仕打ちが待っていましたw


開始時のチャットで相方さん、ペルセポネで攻める意思表示をします。
ペルセポネ2体で同時に攻めれれば、意外と簡単に勝負がつくのでは?と思い、私もペルセポネ建てが遅れることがないよう心がけます。
相手主は二人とも守ってマナ溜め。
私は攻めます。相方さんは攻めません。

ほんのわずかな差ですが、相手の方が先に30使い魔を召喚しました。


しかし、その後相方さんの攻撃サインが出ます。

私もペルセポネ建てれるよ~!いっちょやっちゃおー!!
と、私はペルセポネを相手タワーに向かわせます。
しかし、いくら荒せど援軍は来ません…。
相手はアメノウズメ召喚して、血晶武装した威太刀と挟み撃ちにされます。

来る援軍は相方の主のみ。
それどころか、相方50マジシャン優先させたし!!
チャット嘘かよプンプン!!
もう主荒らしは終わってんのよ!
そして私はペルセポネを落としてしいました。くっそー相方の役立たずめー!

私のペルセポネ死滅後、相方は50マジシャンでラインを上げていきますが、威太刀とソエルが出てきたため即座に引き返します。
いい加減にしてほしい。
今、こいつら止めないと蹂躙されて終わるんだよ?
簡単に逃げないで!!

私はここで選択を迫られます。
メリーが召喚できるので、追い払えるか?
いや、50の召喚状態は厳しい。幸い攻めてきたソエルはまだ血晶武装してない!
これを見て私が選んだのは…

ペルセポネ転生です。
瞬時に血晶武装させたペルセポネで威太刀とソエルの動きを止めてさらにメリーを援軍に向かわせます。
これでソエルと威太刀は引き返していきました。
防いだ…すっごく安堵しましたw大きく肩を落とした記憶があります。
ところが、私がペルとメリーで威太刀とソエルを相手にしてる隙を突いてオオクニが攻めてきていました。相変わらず相方は迎撃どころが逃げるだけ。
私は根元を1体落としてしまいました。
なんなの?この相方の人?いい加減にしてくれないかな?
こちらがタワー攻められてるのを見かねて隣の味方さんが助けに来てくれました。
あーもー隣の味方にまで迷惑をかけてしまった・・・。
ごめんなさい。
そして試合は動き出し、石割戦となります。
さっきから何の役にも立ってない相方は「ライトストーンに向かいます!」と声高らかに宣言します。

うっさいわね!!
こっちライトストーンに攻めてきた相手を私が追い払って安全になってから何を言ってるのだ!?


私達は左右のストーンを割り、相手はこちらのセンターストーンを割り、ばらばらになりました。

相方は攻められているライトストーンの防衛に向かいました。
しかしもはや信頼関係はありません。
手伝いませんよ。
好きにしたら?
私はセンターストーンを割りに行きました。

ほい、大乱戦w
もはや誰がいるのかまったくわかりません。
ターゲットも選べないw
さらに敵の援軍でオオクニとウズメがきました。
あれ?ストーン割れない?ウズメのアーツ!!??
やばい!ゲージ逆転された!!

紙一重で勝てました・・・が、負けてても全然おかしくなかったゲームでしたね。

いつもは勝ったあとは、相方さんに『ありがとう、助かったわ→④』とお礼のメッセージを入れますが、今回は入れませんでした。










ふんがーってしたら勝てましたw

この記事は『初心者の館』からずれて『初級者の館(対象:シルバー)』になります。


シルバーで上を目指す以上、相手主が両方マジシャンでシュータースタイルで遠隔攻撃してきても、ある程度捌けて、主力建てに遅れをとらないレベルが前提で話します。
端的に言います。
シルバー帯で勝ち上がるには、相方さんといかに連携できるか?だと思います。
例えば、相手があの有名な飛鳥☆さんでも、相手がブロンズだろうが、1vs4では勝てないのです。それがLov4というゲームだと思います。


例えば、最初の主荒らしの時、攻めてくる一番嫌なマジシャン主が一人と二人、どっちが嫌ですか?
最初の第1波で相手が30使い魔で攻めてきました。
アタッカー1体だけの場合と、アタッカー、ディフェンダー同時だったらどっちが嫌です
か?
このように、文字で言えば『当たり前だろう!』というようなことですら、実際にはできなくて心折れてる方は沢山いるでしょう。(あ、それ私ーw)


今日、午前中にLOv4しに行きましたが、残念ながら負けました。
Lovシステムは、勝つとリーグポイントが+20、負けると-10です。
私のメインデッキである風雷神は残り20だったので2回負けると、シルバーD降格です。
まあ、負けたので背水の陣という状態になってしまいました。
いつものように『また負けちゃった…やばいなあ、Dに堕ちるかな?』なんて諦めモードでしたが、帰ってきたら、先ほどのオオモノが迎えてくれるなど、このままシルDに堕ちてたまるかーって、少し興奮しちゃいまして、夕方に夕飯の支度をしてゲーセンに行ったのです。
そのゲーム模様を。何かしら参考になればと思いアップします。
はい、マッチングです。

はい、最悪ね。
実は隙が見えにくい風雷神デッキの唯一の穴は『大型ディフェンダー』なのです。
なので、メタトロンデッキとか最悪です。
相手のアンカーはその大型ディフェンダーで、さらに相方さんにもマジシャンいません。


こういう場合、どうするかは、1つしかないです。
アンカーまで繋げさせない。エネミー4の与一はすぐに潰す。
いや、『わかるけど、そんなの簡単にできないじゃん!』というのはごもっともですが、逆に言えば私にはそれしか選択肢がないんです。
なので、青仁王建てた次は雷神です。
ディフェンダー続きですが、いいんです。
隣に90アタッカーいますが、それがいてもダメでしょw
ということで、気持ち相手タワー蹂躙を優先させたいムーブで行こうかと思います。



開幕後、攻めてくる相手マジシャン主に、私に攻撃しろと指示を出す相方さん。

言われなくてもそうするけど、上から目線でうざいですよアナタ。
アナタディフェンダーで不利だからだけど、なんか『えー?』って思う。


ただ、自分の主ではだめでもマーチヘアで最速で攻撃を仕掛けるあたり、上手いなあって思いました。
しかーし、私たちのミッションは最難関であろう「アンカーまで繋げさせない」ことなんです。
主荒らしを処理していると、なんか不自然な動きをする敵使い魔がいました。

敵主のジョブとも違うため、どの使い魔だろうと思いました。(ホワイトラビットです)
とはいえ、こちらは青仁王を召喚してたので、軽く構えてました。


ところが、移動速度の差からか捉えきれず、青仁王と主で追います。

結果的にホワラビには逃げられましたが、相方さんもライン上げてくれていたので、
私は相手タワーに行きました。

相手は根元も引っ込めたので

タワー蹂躙です。
まだ風雷神すら建ててないのにwww
しかし、私の心の業火は消えませんw
一度戻ったら、次の第2波目です。
青仁王の次はこれでしょう。

正直、雷神はコストに比べて強いです。
規格外の強さを持つ使い魔は下方修正されてます(武蔵もです)が、雷神はまだなくて嬉しいです。
この子、アカズキンもバハムートも狩れますからwww
近づく雷神に対して相手はとうとうレイドします。

このタイミングでのレイドは、直訳すると『もう次の手がありません』ということです。
ああ、そう?もう無いの?
頼みの与一がレイドしたところで雷神に敵うとでも?
とも思ったのですが、アームズJまでレイドしたので、こちらもレイドします。

と、終始雷神一人で動いていて、相方の風神は守り要員として別行動してましたw

SC(シーズンコレクション)の風神の泣き上戸(設定)の泣き声が、今回ばかりは全く雷神と行動を共にできなかった泣き声に聞こえました。

ということで、最初からの『とにかく雷神で与一潰して次に繋げさせない』と念仏のように唱えたことが実現できてよかったですw