はじめにと基本用語

●はじめに
2017/10/22からあまりにも遅れてデビュー。
自称「Lov4最下層レポーター」wです。
2018/03/24ツイッターで引退宣言しましたので、
フォロワーの方にも隠れるようにたまにプレイしてますw


●現在のランク
2018/09/15 ブロンズD→ブロンズC
2018/09/08 久しぶりにやる。心機一転ブロンズE→ブロンズD
---RETURNSで一度休止---
2018/05/12 シルバーD→シルバーC
2018/04/02 シルバーE→シルバーD
2018/03/21 ブロンズA→シルバーE
2018/03/?? シルバーE→ブロンズA
2018/02/17 シルバーD→シルバーE
2018/02/06 シルバーE→シルバーD
2017/12/?? シルバーD→シルバーE(シルバー最下層転落)
2017/12/08 シルバーE→シルバーD
2017/12/04 ブロンズA→シルバーE
2017/11/23 ブロンズB→Aランク(Aに昇格して2連続8位とか)


(用語辞典削除。需要無いし整理したいので)













キュンを使ってみた。

こんばんは。
今日はキュンを使って見たくてデッキを組みました。

類似使い魔にボロル(▢)がいます。
主荒らし対策としてディフェンダーとアタッカーどっち使うかといえば、やっぱりマジシャン主荒らし対策としてアタッカーのキュンをチョイス。


***追記***
キュンやボロルは「召喚時にマナを生み」ます。
スタート時、保有マナは35ですね。(2種族以下で)
最初にキュンやボロルを召喚すれば30使用しますが、モノサモンマナにより20生みます。結果、消費10でこのステータスの使い魔を使えるんです。
ただし、キュン(またはボロル)を召喚するのは絶対に最初にしなければいけません。
最初に普通の10コスト根元を召喚すると残りマナが25になりキュンを召喚できません。
これだけが注意ですね。よって、キュンとボロルを一緒に組めないのはコレが理由です。


ということで、キュンの能力を使うには人獣単という縛りがあります。
人獣ってね、マジシャンいいのいないの。
私の記憶上、クラウロ(コスト30)しかいませんw


では人獣縛りの中で、私のチョイスの理由を。
まず、最近からかさ、アルビダ、美森など新規マジシャン勢が猛威を振るっています。
なので、このマジシャン勢たちの脅威となるデッキを組もう!と。
ということで、アカズキンが決まりました。
アカズキンと相性がいいのはスノーホワイトです。
移動速度が速く、ATKが最も高いユニットのATKに応じて上がるので、最凶クラスのATKを誇るアカズキンにはもってこいでしょう。
遠くから攻撃してくるマジシャン(からかさや美森)に対して一気に距離を詰めて大きい一撃(顔面蒼白!白雪スラッシュw)を繰り出すスノーホワイトが一番でしょう。
悩むのは主力のもう1枚なんですが、クラウロ?
30ディフェンダーにはいいかもしれないけど・・・少ないですよね。多いのはチルチルやヴァルラトラウテ(でしたっけ?)でアタッカーですよね?
ということでイリスです。


もう完全に現環境を見てのチョイスです。
このデッキだと、ディフェンダー固めのデッキに対して最悪です。
が、キュン縛りなのでここはしょうがないです。


さて、ではマッチングです。

ラッキーとしか言いようがないです。
対面にディフェンダーいませんし、アンカーはマジシャンだけ。
さらにマジシャン主だけなのでキュンを試せます。
この時、私の中でマッチングを見て、イリスはいじらないことを決めます。
スノーホワイト→アカズキンの順で建てるかなと。


根元は
・キュン(〇)
・ムムメメ(〇)
・ルールー(▢)
・ギ・アロ(△)
です。
ギ・アロを除いて全員PSY40で、マナ溜め系スキルがあります。
相手主や初手の使い魔がアタッカーならイリスを初手にもってきて対応します。
なのでルールーだけでいいかなと。
あと、▢主が荒らしてきたときのためにギ・アロと自分の主をマジシャンで荒らしにも行く。
と、一応考えてはいるんですよー!

『見てのとおり、儂は犬ではないワン!!』
どっからどう見ても犬コロじゃない!w


いや、でもチョー楽ですw
キュンを相手マジシャン主をターゲットに選んだら放置。
残りの根元は後方待機。自主は相手への攻めに専念できるんですから。


そしてスノーホワイトを建てて荒らします。

このとき、相方さんは50アタッカーを召喚状態で相手タワーに攻め、私は追って武装状態で援軍として参加しました。
やはりどんな時代も、このゲームはいかに相方と同調できるかですね。
これがバラバラだと追い返されたかもしれません。


さて、少し脱線しますが・・・

これは第2波で相手タワーに攻めた時です。
・相手ツクヨミ(〇50血晶武装)…atk210,def170,psy100(使用マナ150)
・相方三好(〇50血晶武装)…atk190,def150,psy120(使用マナ150)
・私アカズキン(〇90武装)…atk180,def180,psy90(使用マナ180)
と、使用マナが同じであれば
召喚、武装、血晶武装と関わらず同じ程度のステータスになることがかりますね。


そして

これは攻められた自ストーンの防衛に向かうアカズキンとスノーホワイトです。
スノーホワイトのATKが219に!?コスト40の強さじゃないしwww
ミラも狩るちゅーねんw



ということで、今日も平和なブロンズリポートの時間でした。








私リターンズ←

えー、前回初心者狩りという恥ずべき行為をしてしまい、引退を誓いました。


そして三国志大戦などをやろうとがんばってみたのですが、どうしてもゲームセンターの隅のLOV4台に目が行っちゃうんです。


ごめんなさい。
中毒なのね、私もう。弱いくせに。


心機一転がんばりもす!


えーっと、前回からの違和感を述べます。


①開幕後のタワー戦で不利でも巻き返しやすくなった。
今までは最初のタワー戦で不利をとると、最後まで影響していました。
最後まで主力が建てれないとか。
ところが、今はそれが無くなったように思います。
これは私の感覚的なもので、実際はわかりません。
なので、最初のタワー戦の重要度が下がったとも言えます。
これはタワー戦が苦手な初心者救済にも思えます。(いや、本当にこうなったのかわからないですよ?)
最初のタワー戦が後半戦に影響しないなら、攻める側も無理する必要はないです。
この結果、どうなるか?
全体的なデッキコストが上がるのではないでしょうか。
今、私が使っているのがアポロン(40)、ミラ(50)、宮本武蔵(60)です。


以前は初手を40にするなら、20の次という順でした。(私ルールですけど)
今は初手40が苦になっていないです。


またこのアポロンが使い勝手がいい!!
からかさが大増殖している現環境ではアポロン+セルディッドで簡単に迎撃できます。
環境に合っているのでしょうね。
白虎などもいいですね。


ああ、脱線しましたね。
からかさ強いー!むかつくー!はやく下方修正入れ―!と思ってる方、
からかさが血晶武装して攻めてきたとき、あなたも血晶武装できてますか?
相手に合わせて建てれていないなら、からかさに限らずやられますよ。

まあ、からかさのあの連射能力はディフェンダーにとって脅威であることには変わらないので、からかさを狩れるアタッカー同伴させずにディフェンダーソロ突撃は控えた方が良いかと。


からかさが落ち着くまでは、武蔵じゃなくてアズラエルやダグザでもいいかな?なんて。



ということで、またひっそりLov4で遊ぼうと思います!






ブログ終了宣言です。

今日、Lov4やって相手さん二人とも初心者さんでした。
主荒らしの対処もできなかったし。


私が初心者狩り的なことをしてしまいました。
勝ったけど全然スッキリしない。
私の相方さんも実力はシルバー以上なのでしょう。
(チャットのスピードなどからの推測ですが)


こんな貴重なニューカマーさんとバトルしてしまった。
まあ、そうなってもおかしくない環境だって知ってたんでしょう?と言われればそれまでなんですが。
ああ、今日の相手お二人に200円づつ返して、好きなカード差し上げたいです。
本当に申し訳ありませんでした。


さらに終了後、「途中放棄したプレイヤーがいたため、戦績を残さないことができます」と途中棄権対策と思われる画面が。


ゲーム放棄問題は以前から一部で言われていたのですが、今回の放棄さんは対面の新規さんではないことを祈ります。


ということで、もうLov4に見切りが付いたのでブログ更新を終了します。


コメントなどしてくれた方々、大変励みになりました。
ありがとうございました。
これからのご活躍をお祈りいたします。


引退の言葉『ミーティア弱い』←

私はミーティアとブロンズを駆け抜ける!…かな?

私も少しプレイ時間が空き、初心者を導くことができず、自ら初心者レベルに堕ちましたw
今週から趣向を変えます!
先週にひいたスーパーレア『ミーティア』を使って、カオスと化したブロンズをっ駆け抜けてみたいと思います!

前回紹介しましたが、ミーティアはマジシャンでありながら、苦手ジョブであるアタッカーに強いです。
(YouTube見る限り、そんなに強くないですがw)


なので主力は宮本武蔵(60)、ミーティア(60)
繋ぎは青仁王(30)。

青仁王と武蔵をセルディッドのコストカットを使って早く建て、ミーティアを建てて石割りに移行する・・・そんなムーブで行きたいと思いますw