Lov4で一番ベストなタイミングでレイドできました!

こんばんは!
freilです、ツイッターではirinaですw
前記事のアリスデッキの感想は置いておいて←
(明日にでも更新しますから)
タイトルどおりベストレイドなムーヴができました(*´з`)
へへへ!


ではマッチングです。

数値は主力のトータルコストです。
左下の私が一番軽いです。(まあ主力2、根元5構成なので当然ですが)
が!
相方さん、一番重いです。
対面を見ます。
私の初手が40▢なのに対し、相手はみんなアタッカー〇です。
マッチングには恵まれましたね。でも2番手を優先されると討つ手が無い私のヘボデッキwそのために相方の与一は守りたいところです。


さらに主。相手両方ともマジシャン主ですか。
まあ、ラッキーです。慣れてますからw


開幕後、私は主で相手△主をすれ違いざまにダッシュアタックを。
さらにそのままストーキングして死ぬまで叩きます。

相方さんも主荒らしをしてくれて、互角の主荒らしが繰り返されます。
相手のいたち(漢字省略)が召喚されたのが見えました。


しかし、こちらも申公の召喚が間に合いました。


しかし、ディフェンダーは足が遅いんです。
右からいたち、左からホワイトラビットの襲撃を受け、被害を受けます。

なんとか追い返せましたが、根元3匹を失いました。
ちょっと痛手でした。


さて、次の攻撃に備えるか・・・と思いきや・・・
ん?

相方の与一が集中砲火にあってない?
急いで申公をヘルプに向かわせます。


ところがなんと!

せっかく追い返したのに、追っていく与一。
なんでよーw
さらに追う私・・・。


結局は引き返しますが、深追いしすぎて囲まれます。

やば・・・申公のHPが半分だ・・・このまま落としちゃうのかな・・・。


ん?ちょっと待って。
もし私が申公を落としたとします。
その場合、与一が生存していようが、していまいが、

相手のソエル、いたち、ホワラビの襲撃に耐えることは絶対に不可能なんです。
私のアニムスも相方のファーブニルもまだ召喚すらできていないのですから。


なので私の選択は1つでした。

かなり早い時間でしたが、申公レイドです。
一番退いてはいけないけないところだと思ったので。


そして追ってくるアタッカー群を追い返し、

なんとか一難を耐え凌ぐことができました。


さて、これからゆっくりアニムスを建てよう・・・ん?

え~またつかまってない?
お願い、落ち着いて!!w


相変わらずフォローに行きましたが、アカズキンも召喚していたみたいですね。


私も残り122秒でアニムス血晶武装できました。

結果的に試合には勝てました。


アンカーまで揃えば、こちらが有利な組み合わせだったんですよ。
ですので、アンカーまでの駆け引きがポイントでした。
あそこで私がレイド打たなければ、結果は変わっていたかもしれません。

また、開幕チャットでエネミー1さんが『スノホワで行くわ!』と言っていれば、エネミー2さんは『僕はエラトマで行くよ』という流れになったのかもしれません。(そこはわかりませんが)


流れが傾くのは本当にささいな事なんですよね。このゲーム。


また、主力2,根元5構成のデッキは、主力3構成と比べて初手が少し重いため、開幕は防衛(迎撃)側になりがちで、相方さんに負担になる事が多いですし、相手の初手を根元だけで追い返すバニラなども必要なため、あまり頻繁に使うのは考えものですねですね。(特にブロンズリーグでは)





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。