【デッキの作り方】それぞれの使い魔に仕事を与えよう

こんんばんは!
この週末に、こんな私でもシルバーCに上がりました!


リターンズの予告などで話題が持ちきりですが、リターンも何も、どこにも行ってないですから。私的に。


シルCには行けましたが、大したブログ更新ネタもありませんので、デッキ構成にあたり少しまとめておこうと思います。
私は個人的には好きな使い魔を使えることが一番だと思います。
最初は全く勝てなくて、勝つためにテンプレデッキ使ったけど、技術もない上に好きでもない使い魔を使う…そうしないと勝てない・・・そんな状態でゲームしてて面白いわけないと思うんです。


なので一番使いたい使い魔を使いつつ、勝つために必要な事をおさらいします。

好きな使い魔を使っていいけど、これだけは守ってねという縛りを交えつつ書いていきます(๑╹ω╹๑ )


例えば、最初に必要な縛りは種族2種以下です。
初期マナが一番多い35マナを得るために2種族以内でデッキを構成する。これは絶対命題ですねw


例えば「私はアマテラスを使いたい!」としましょう。

アマテラスは神族であり、SPYと移動速度を上げてくれるので、


鉄板と言えば

アポロンとアズラエルのPSYダメコンビでしょう。
でもアマテラスのコストが70なのにアズラエルは60ですよね。
当然少し重いです。
なので今回はアポロンを選ぶとしましょう。
アポロンもコストは40です。
根元の次が40では…まだ私には厳しいな。では20を入れようかな。
えーっと…あと、デッキの主力は全ジョブ揃っているほうがいいって聞いたことあるからマジシャンの20ってこと?
と、こういう考えに走るのは初心者にとって当然のことなんです。
(私がそうで、このゲーム始めて4ヶ月もデッキが決まってなかったのです。だってわかんないしーw現に私のデッキの主力が風雷神に決まったのは今年の3月下旬なんですw)


しかしですね、この場合、使い魔20のマジシャンである必要は全くありません。
これがわかんないのですよ。当時初心者だった私は。


理由です。
主力を20マジシャン、40アタッカー、70ディフェンダーとなった場合、主力戦において20使い魔が必要ですか?ということです。
主力戦で使われるであろうコスト20使い魔は、ホワイトラビットかバルバトスだけではないでしょうか。

バルバトスは、攻撃相手のATK値と同じになるため、大型ディフェンダーの殺傷能力が高いです。
ホワイトラビットは攻撃対象および攻撃してきた相手の攻撃間隔を1.7倍に伸ばします。
要はですね、ここで選ぶべき20使い魔の仕事は、アポロンを確実に召喚させるために時間稼ぎをさせることが目的なんです。

基本的には根元はアタッカーが多いので、フェニックス、さらにフェニックスなど同じ神族の武装コストを下げるセルディッドが一番いいのではないでしょうか。
時間稼ぎができるのは、相手のマナタワーに乗り込んで相手根元に攻撃をして相手のマナ溜めを妨害するのはフェニックスがいいのはないでしょうか?
ということで、最も大きい主力をどう建てるか?それまでの繋がりを考えることが大切だったんですね。
ただしセルディッドはDEFがわずか5です。相手マジシャン主はほぼ確実にセルディッドを狙ってきます。それをさせないムーブができることは必要不可欠なんですね。
また、フェニックスやべドラムなどを使う場合、相手の30以上のマジシャン使い魔が血晶武装していると、すぐにやられて時間稼ぎできません。そのため、20使い魔が時間稼ぎするためには30使い魔が建つまでにしなければいけないという縛りが出てくるのです。
まあ、使い魔の強さは、使用マナに等しいと思って頂ければいいかと


【例】
血晶武装した20使い魔(60マナ使用)と武装状態の30使い魔(60マナ使用)の強さはほぼ等しいということです。(ジョブ相性を除けば)


また、相手の主荒らしの処理が時間がかかってしまい、20使い魔をなかなか建てれない…そんな場合は30使い魔でいいと思います。

根元→30→40→70だと、なんかもったいない気がすると思いますが、そのうち根元の使い方も自然と上達して20で行けるようになると思いますよ!


次の記事は、『根元を4枚で構成する理由』です。(๑╹ω╹๑ )

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。