根元について改めて考えてみる(๑╹ω╹๑ )①

こんにちは、freilです。
最近、このブログの位置付け的な事を考えたりしています。
上級者の方が見たところで、当然役に立つ事なんて書いてるわけないのです。
であれば、私のレベルに合った『ファイナルファンタジーの初心者の館』的なポジションくらいが関の山なんだろうと思うわけです。


私もこのゲーム始めたばかりの時は『攻略ブログとか無いのかな?』と、かなり探した記憶があります。
その当時の完全初心者の私が求めていたブログ・・・それを目指すべきなのかなと思います。




では、最近のレイドの仕様変更により、タワー戦の重要性が増しました。
これは遊々亭さんのランカーさんが書かれているブログなど、色々なところで言われております。
なぜタワー戦※が大切になったのか?


※タワー戦:マナタワーでのバトルのこと。攻める場合は相手マナタワー、攻められると自マナタワーでのバトルとなります。


これは、レイド仕様の変更により、召喚状態、武装状態ではレイドカスタマイズが乗らなくなり、攻められて不利な状況になって30位の使い魔を召喚と同時にレイドさせても追い返せる事が難しくなったためです。
今までは魔に全振りしていればレイドで血晶武装にATK+90になり、結構なカウンター効果が期待できたのですが、今は血晶武装までステータスが上がるプラスアルファ程度です。

カスタマイズ効果は無いので血晶武装した40使い魔が来てるのに、30使い魔をレイドしたところでーー。有利ジョブで追い払える程度なのです。また、この時に相手にレイド返しされたらもう…。
ということで、レイドするならちゃんと主力使い魔を血晶武装させてから。ということになり、イコール開幕後の荒らし合いで負け無い事が大切なのです。
とは言え、私だって当然ながら開幕後にズイズイ押されてタワー蹂躙される事なんて日常茶飯事(´;ω;`)なので、これを見てくれている方と一緒に対策を考えていければなと思うのです。
これがちゃんと出来て、開幕後のタワー戦で高確率で有利取れるようになればゴールドリーグに行けると思うのです。
というかこのゲーム、主力戦まで持ち込めて負けると『悔しい!次こそ頑張る!』という気持ちになりますが、タワー折られると何も出来ないので『つまんない。私には向いてない。』と、次へ気持ちが繋がりません。
と、それだけメンタル面も含めてタワー戦は大切なんだと思います(´;Д;`)


でも、コレができれば〜とか、コレが出来なきゃなんて事を言っていては意味がないわけで。
出来なくて悩んでいるのに、練習だ!で終わらせたらブログの意味なんてなくて、それこそ技術の水掛け論になり、コレできないならダメ!で終わっちゃうんです。
そりゃ、多くプレイした方がいいのはわかってまが、色々な事情でそんな事が出来ないこともありますよね。朝から晩までなんてできるわけないのです。
なので、上級者の方ができて、初級者の方ができない事を分析して対策を立てれればと思うのです。やるべき事、覚える事を明確にして、目標をキッチリと決めた方が練習も効率的だと思うのです。
実際の動かし方は確かに練習しかないのですけどね。


ということで、最初は根元の使い方から触れていこうと思います。
開幕(ゲーム開始)後、最初に攻めてくるのは100%主でしょう。
この主をいかに早く無駄なく、かつマナを効率よく貯めるかがポイントになりますよね。
マナ貯め速度はPSYの値に依存しますが、具体的にはこうです。


これらの表は処方箋にもあります。
マナ吸収速度を見れば、PSY20と40の差は2秒となります。
2秒の差って一体どれくらいなんだろう?と思いますよね。



①で同時にマナ溜め開始です。
②はPSY40のルールーが半分溜めた状態。
 ここでは差なんて無いに等しいです。
③はルールーがマナ溜め終えた状態。
マカプアもあと少しです。
…あまり差があるように思えません。
しかし、マカプアが溜め終えたとき、すでにルールーは4分の1ほど貯めています。
時間が経てば経つほどこのPSYの差は浮き彫りになってきます。


ただし、PSYが高いイコールATK,DEFは低いので、ムムメメと△主の1vs1だと負けますw(主のダメージのほうが高かったのを記憶してます)
ということで、バニラで固めるのもいいけど、本来のお仕事であるマナ溜めも考えればPSYも考えて根元を構成するべきですね。


(つづく)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。